Sky Wise

スカイワイズ

建築場所の環境確認を念入りに行い、導き出したコンセプトが二階リビングです。
二階リビングは、生活の中心であるリビングに光を最大限に取り込むことができる事や、
隣接してバルコニーを設けることで、リビングとの一体感が生まれ、より開放的な空間を作ることができました。
耐震面でも、一階に居室を配置するため柱や耐震壁が多くなり、耐震性に優れた住宅になっています。
また、省エネに関しましても、家計に優しい『ゼロエネルギー住宅』となっており、光熱費ゼロの暮らしを実現します。

VILLETTA

ヴィレッタ

玄関を開けると全て見渡せる空間があり、家の中心に配置したスキップフロアは、家族みんなが使える楽しい場所となっております。また、家の性能として、環境に優しい低炭素住宅仕様を取り入れています。

BELSとは?

伊勢市、松阪市、志摩市を中心に、地域に根差した安全性・機能性に優れた工事を行っています。建築後も末永く付き合え、いつでも相談できるという安心感をもっていただけるよう努めてまいります。お気軽にお問い合わせください。

寒暖差が小さい

断熱性、気密性の高い資材を使用して家を建てるため、季節による寒暖差が小さくなります。

環境に優しい

自然エネルギーを利用し、二酸化炭素の排出を減らせるので環境に優しい住宅です。

光熱費を節約できる

自然エネルギーを利用することで、光熱費を抑えることができます。

遮音性や耐久性が高い

気密性や断熱性が高い住宅は、外からの音を遮断します。また、結露の発生を抑えるので、家そのものの耐久性も高くなります。

減税

長期優良住宅の認定を受け住宅ローンを組んだ場合、住宅ローン控除制度を受けることができます。

資産としての価値が高い

今後、省エネ住宅は一般化してします。将来的に家を売却するようになった場合、現状の家よりも審査基準を満たしている家の方が高く売れます。

低炭素住宅仕様とは?

低炭素住宅とは、二酸化炭素の排出が少なく、省エネルギー性が高い省エネ住宅の事です。断熱性・省エネ性能を高めた低炭素住宅を建て、エネルギー消費コストを減らす。一方で、太陽光発電などでエネルギーを創出します。言い換えれば、エネルギーの地産地消、エネルギーの自己完結が可能な家ということになります。

スキップフロアとは?

スキップフロアは、フロアの高さを半階分ずらすことで高低差をつけます。つまり、目線にも高低差が生まれるので実際の床面積よりも広く感じる効果があります。また、階段の昇降はあるものの、部屋同士や廊下などの仕切りとして壁を使用しないので、開放的な空間を演出でき、日常生活における動線も短縮する事ができます。

2階建てでも3層以上確保

法律により建物の高さを制限されている土地であっても有効面積を増す方法のひとつです。

家を広く見せることができる

フラットな家よりもフロア自体に高低差が出るため、実際の面積よりも広く感じる事ができます。

階段下部を収納スペースに

段差をつくった床下に収納スペースをつくったり、ちょっとしたデッドスペースをスキップフロアによって活かし、収納スペースを増やすことが出来ます。

風通しが良く日当りも良い

フロアの段差を利用して窓を設置するなどの工夫を行なえば、風通しが良く、日当りも良い家を作ることが出来ます。

廊下がないプランニング

本来ならば廊下にあてるためのスペースを部屋や収納スペースにできるので、無駄のないプランニングをすることが可能です。

家族の気配を感じる

段差があることでそれぞれの部屋の目隠し効果を保ち、それぞれの部屋のプライバシーはきちんと守ります。そして、壁がないオープンな空間なので、家族の気配を常に感じることができます。

PAGE TOP