東向きの土地のメリット・デメリット

こんにちは! 下村住建です!
土地を探す際に、土地の向きを気にする方も多いのではないでしょうか?
一概に、どの方角の土地が絶対に良い、ダメということはありません。
どの方角の土地にもメリット・デメリットが存在します。
メリット・デメリットを知ったうえで自分たちに合う土地を探してくださいね!
今回は「東向きの土地のメリット・デメリット」をご紹介します。
土地を探している方は要チェックです。是非、ご参考にしてください。

土地の向きとは?


 土地の向きとは、何を基準に決められているか知っていますか?
敷地の道路がどの方角で面しているかで決まっています。
敷地の東側に道路があれば「東向きの土地」となります。

東向きの土地のメリット

朝日が入りやすい

 寝室の東側に窓を設ければ朝日を浴び、気持ちよく起きることができます。
朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、体のリズムが良くなります。

居住スペースを南側に配置しやすい

 玄関を南側に配置しなくて良いので、LDKや和室など家族が集まるスペースを明るい空間が広がる南側に配置しやすくなります。

東向きの土地のデメリット

玄関が鬼門にあたる場合がある

 風水や家相を気にされる方は注意が必要です。
間取りを工夫すれば鬼門を回避することも可能ですので絶対ダメということではありません。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?
自分たちの生活スタイルや土地の条件などご家族でじっくりとご相談し、自分たちに合った土地を探してくださいね!
東向きの土地は、朝日を浴びながら生活したい方へおススメの土地です。
下村住建では、土地探しのお手伝いも行っております。
伊勢エリア周辺でのお家づくりは下村住建にお任せください。

南向きの土地のメリット・デメリットはこちら
北向きの土地のメリット・デメリットはこちら

関連記事

PAGE TOP